2009.07.23, Thu

ケズル子菜園7

R0015422_R.jpg


最近めっきり「田舎暮らしブログ」風になってしまってますが、菜園の続報。ようやくトマトが色づきました。たわわです。ナスはかわいがりすぎて収穫時期を逃し、食べられなくなってしまったので、次に期待。バジル&シソは大きくなりすぎて野性味あふれる味に育っております。難しい…。今日、とある方から、「ナスには石灰だ」とのアドバイスをもらったので、今度の休みに早速試してみたいと思います。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.06.26, Fri

ケズル子菜園6

R0015363_R.jpg

ひゃっほ〜い。おナス三兄弟、揃って実りつつあります。
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.06.20, Sat

2009年ケズル子梅酒

R0015350_R.jpg

R0015346_R.jpg

梅酒を漬けました。梅1s、氷砂糖約600g、ホワイトリカー1800ml、4L瓶に。おいしくなれ。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ケズル子菜園5

R0015342_R.jpg

R0015341_R.jpg

下の方の葉が枯れてきていて心配ですが、ようやく実りました。大きくな〜れ。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.06.13, Sat

ケズル子菜園4

R0015071_R.jpg

おナス3兄弟、植え替え後の様子。おや?

R0015073_R.jpg

花が咲いた!

R0015074_R.jpg

左バジル、右しそ。ようやく判別できるようになりました。

R0015075_R.jpg

植え替え後のトマト。ちょっと葉がへたれてます。
posted by ケズル子 | Comment(3) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.06.10, Wed

ケズル子菜園3

R0014984_R.jpg


ケズル子菜園開園から約一ヶ月、ちんまい苗だったトマトがわさわさと伸び放題。あまりにもたくましく伸びるので窮屈かろうと、大きな鉢に植え替えました。順調すぎるほど順調な成長を見せています。この、伸び盛り!!バジルとシソもモサモサ生えてきてます、がんばれ!!


R0014983_R.jpg


菜園に新しい仲間が加わりました。おナス三兄弟。写真はまだ買ったばっかりの頃。今日ようやく大きなプランターに、三人並べて植え替えました。無事実がなった暁には、毎晩焼きナス、揚げナス、煮びたし、麻婆ナス…ウハウハ。
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.05.28, Thu

うにめしいかめし国分寺

R0014950_R.jpg

R0014952_R.jpg

R0014954_R.jpg


物産展と、外で食べるお弁当が大好きな私ですが、昨日は国分寺の駅ビルでやっていた北海道展で「うにめし」と「いかめし」を買って、駅から歩いてすぐの殿ケ谷戸庭園で食べました。手入れの行き届いた芝生を眺めつつ、青空の下で食べる弁当が美味くないわけがないわけで。

R0014964_R.jpg

R0014969_R.jpg


庭園自体も大変に素晴らしく、国分寺崖線の急勾配をうまく利用して、高台にある貸し座敷の建物兼あずまやから風光明媚な絶景が楽しめます。…褒めすぎか?とにかく、吉祥寺以西の中央線の駅の中ではダントツでサブカル色が強い雑多な町・国分寺のほぼ駅前に、こんなしっぽりスポットがあるとは知りませんでした。
入場料150円かかるわりには賑わってました。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.05.15, Fri

ケズル子菜園2

R0014801_R.jpg

芽が出たよ!シソなのかバジルなのかは定かじゃないけど。

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.01.10, Sat

夕暮れ富士

R0014400_R.jpg

昨日は国立に引っ越してから初めての雨だったけど、今日は快晴。
夕方には富士山もクッキリ。

R0014398_R.jpg

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.01.08, Thu

貼るカイロ

R0014347_R.jpg

引越しのバタバタで、年末年始は二人揃って体調を崩していました。
というより、まだまだ体調不良の真っ最中で、声ははるな愛です。
肩甲骨の間を暖めるといいそうで、最近は貼るカイロにお世話になってます。

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.12.27, Sat

フジヤマビュー

R0014303_R.jpg

日当たりって大事よね。年末年始でじっくり片付けます。


     ※以下クリックで拡大

R0014307_R.jpg

ベランダから。青い空白い雲抜けの良い景色。


R0014311_R.jpg

実は富士山がちょろっと見えます。


R0014313_R.jpg

ほらね。富士山大好きの私は、これで一気にこの部屋が好きになりました。


posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

グッバイ西荻

突然ですが、クリスマスイブの前日引っ越しました。理由はもともと荷物の多い私たちには手狭だった部屋が、荷物が増えたことで更に手狭になったことと、家賃節約のため。

上井草、井荻、上石神井…西荻が最寄り駅でなくてもいい、自転車で西荻に行ける範囲に住みたい。だって西荻が好きだから。と、あの手この手を使って西荻にしがみつこうと必至にもがきましたが、荻窪と吉祥寺に挟まれたニッチな駅とは言え人気の町、なかなか予算と条件が折り合わず、かと言って西武新宿線に移動する勇気も出ず、結局は中央線をもっと下った国立に落ち着きました。なんだかんだ言って中央線の呪縛からは逃れられない私たちです。

ちなみに、今まで何度か引越ししてきて、そのたびに赤帽さんに依頼してたんだけど、今回は2人分、いや3人分レベルの荷物を移動するということで、初めて引越し専門業者にお願いしてみた。見積もりを数社取ったところ、アリさんマークの引越し社が一番説明が的確で融通も利くしサービスも良い、ドライバーさんが営業もこなしていて話がスムーズ、そして何より一番安かったのでアリさんに決めたのだが…。

引越し屋さんはすごいとは聞いてたけど、聞きしに勝る働きぶりに感激。本がぎっしり詰まったダンボールなんてのはおそらく20キロ近くあるはずだけど、それを2箱同時に運んでしまうし、家電やオーディオ類なんかはしっかり毛布でくるんで大事に扱ってくれるし、無駄口を叩かず黙々と、でもさわやかに実に手際よく作業を進めていく…。トラックへの積み込みなんて無駄なすき間など一切なく芸術的なほど。新居に運び込むときも、素人だとついついダンボールを部屋の奥から壁際に重ねてしまいがちだけど、ちゃんと最初に家具を所定の位置に設置したあと、部屋の中央にダンボールを積み上げていく。こうしてあるといちいちダンボールを移動させる必要もなく荷物の整理がしやすい。
平日午後スタートの引越しで、梱包は自分たちでやったとはいえ、3tトラックから溢れるぐらいの大荷物の引越しが4万円台って、ありえねえ。プロの仕事を見せられて、ほんと感動しました。引越しはアリさんで。

R0014283_R.jpg
引越し当日の朝。6畳弱の部屋が、本とレコードのダンボールで一杯に。


R0014255_R.jpg
日当たりの悪いベランダからの眺め。

R0014179_R.jpg
グッバイ西荻窪。金持ちになって戻ってくるからね。

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善福寺の秋

R0014108_R.jpg
善福寺公園の大きな銀杏。近所のパン屋「ブルク」のメンチカツサンドを買って散歩。


R0014114_R.jpg
善福寺界隈には同潤会の戸建住宅が残っていて、町並みも通常の住宅街とは一味違う。ゆったりとした区画整備で、メインの通りの両側には大きな桜の木がすくすくと育っている。西荻窪駅から徒歩15分にあるちょっとした異空間。

R0014116_R.jpg
善福寺の商店跡。


※撮影は11月30日
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.10.15, Wed

ウェルカムボード

先日、初めてガチで結婚パーティーの幹事をしました。これまでも幹事経験はあるけど、だいたいが私以外の誰かがリーダーシップを取って引っ張ってってくれてたので、わりとなんとなくやり過ごせてた感があった。今回は相方と私、それに新婦の友人の3人が幹事。且つ、新郎新婦は私たち夫婦と同じ西荻在住のため、必然的にメイン幹事になってしまった。出欠確認、ビンゴ景品の手配、お店の候補選びなどなど、一番手間のかかることを新郎新婦本人たちがやってくれたので、事前準備は思ったより楽だった。

が!!
パーティーの2日前〜当日はさながら戦場のように慌しかった…。前日、別の友人の結婚式に出席したこともあって、その日の夜は夜中4時ごろまで何やかんやと準備に追われてしまった。一番時間がかかったのが、制作を任されてしまったウェルカムボード。「紙を貼ったダンボールに手書きでいいよ」と言われていたものの、せっかくのおめでたいパーティーなので、相方も私も俄然やる気が出てしまい、自分で言うのもなんだけど、こんなステキなものができてしまった。

R0013500_n.jpg
※クリックで拡大


新郎の大好きなレコード「Pet Sounds/BeachBoys」のジャケに見立てて作りました。もちろん、本物のジャケを使っているわけじゃなく、レコ屋勤務の相方が持ち帰った、いらなくなったジャケに紙を貼っただけ。企画・デザイン→私、本体制作・素材提供→相方

パーティー後、新郎新婦に渡したところたいそう喜んでくれました。作った私たちも、ステキな出来栄えにたいそう満足し、気に入っていたのですが、もちろん新郎新婦に渡すべきもので手元には残らないので、ここでちょっと載せておきます。自己満足。

ちなみに、あいにくの雨模様でしたが、100名を超す出席者でパーティーはたいそう賑わいました。新郎の個性的な人脈のためか、大変個性的な出席者ばかりで、受付にいた私はとても楽しかったです。

それにしても、TBSラジオの現在のパワーチューン(なのか?)でしょっちゅう流れてる、新垣結衣の歌がとても気になる。息つぎの荒いウィスパーボイスなのが気になる。この人、ウィスパーでないととんでもないことになるんだろうな。
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海鮮さい炉 @西荻窪

魚の美味い店「さい炉」。たしか去年の終わりごろ、ふらりと入ったこのお店が相方と私の魚介大好き心に火を点けた。中央線っぽい小洒落た雰囲気ゼロ、BGMは70〜90年代の歌謡曲、奥の座敷はちょっと海の家風…と、若者ウケはあまりしなさそうだけど、とにかくうまい!!ひとつひとつの仕事が丁寧で、それゆえに、ものによっては出てくるのに時間がかかるけども、その分うまい!!そして、内装やBGMの垢抜けなさも大変私好み!!それ以来、魚が食べたくなったらココと決めているんだけど、9月は店内改装でしばらくお店が休みだった。

変に小洒落た内装になってたらどうしよう…。
そこらの創作和食屋みたく、JAZZが流れてたらどうしよう…。

といらぬ世話ながら心配しつつ、リニューアルしたてのさい炉を本日訪問したところ、私の心配は取り越し苦労に終わって一安心。いい意味で飾り気のないシンプルな内装、くつろげる小上がり、座りやすくなってそうなカウンター、そしてBGMは変わらず歌謡曲。よかった。

あんまりおなか減ってないしなー、と思いつつ、ビール大瓶2本+日本酒2杯とともに、二人で以下の品々を平らげました。

R0013521_R.jpg

お通し 里芋とたらこのあんかけ(?)


R0013524_R.jpg

あん肝


R0013525_R.jpg

アジのたたき これほんとうまい!3皿ぐらいいけそう。アジ大好き!!鯵!!


R0013528_R.jpg

芝えびのから揚げ 揚げたて!エビの足が何度か歯茎に刺さった。


R0013529_R.jpg

揚げだし豆腐


R0013531_R.jpg

茄子とニシンの旨煮 お出汁がようしみてます。


R0013533_R.jpg

鮭ハラスのおろしポン酢 鮭ハラス(の唐揚げの)おろしポン酢だった。締めに頼んでしまってちょっと失敗。こちらの采配ミス。


これだけ食べて飲んで、二人で6000円台。一品一品の値段は、だいたい400円〜800円くらいで、魚まるまる一匹の煮付けとか平目のお造りなんかは1000円台。普通の居酒屋と比べたらちょっと値は張るけど、一皿の量が多いし、何より丁寧に作ってあっておいしいのでとても満足です。

寡黙で職人肌(と思われる)ご主人と、明るくてチャキチャキな奥さんがハチマキ姿で出迎えてくれます。

ああ、週1で通いたいなあ…さい炉。


■海鮮 さい炉
杉並区西荻北3-30-13 1F
TEL:03-5310-5689
【営業時間】
平日18:00〜23:00/日・祭17:30〜23:00
(24:00閉店)
定休日:水曜日
http://www.ensen-ado.com/n-ogikubo/sairo/kaisen.htm
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.06.25, Wed

夜の阿佐ヶ谷

R0012536_R.jpg


阿佐ヶ谷の夜は、異様に明るい。


posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年6月 昼市

毎月第3日曜日。西荻の昼市に、元同僚の面々を誘ってみました。今回の参加者は、三鷹在住・ボンソワール家、久我山在住・Uさん&Hさん、中目黒在住・ふなこ嬢、埼玉在住(!)・Hさんと相方さん。「杉並野獣会」という名の下いつも集まってますが、よく見ると杉並区民は少数派です。

昼市とは。毎月第3日曜に西荻の飲み屋横丁で行われる、昼間から公然と酒が飲めるすばらしいイベントです。横丁に並ぶ飲み屋さんが、それぞれ趣向を凝らした料理、というかつまみを300〜500円で出しているので、それをビール片手に楽しみます。つまみは、タンドリーチキン、タイカレー、もつ煮込み、タコライスなどなど、多国籍で酒に合うものばかりなので、ついつい飲んだくれてしまいます。

さてさて。
今回の主役は、ボンソワール氏の愛娘・まどたん。2歳。もうとにかくプリプリしててころころしてて、お歌とおしゃべりがたいへん上手なかわいいレディです。最初は人見知りして、お得意のメンチ切りで私のことを遠目からガン見してましたが、遊んでほしい盛りの2歳は徐々に私の術中にハマり、最後には一緒にしゃぼん玉を楽しむほどに打ち解けました。アンパンマン好きなちびっこには、私の丸顔が大変効果的なのです。

R0012513_R.jpg
力の限り息を吸い込むまどたん。背景に飲み屋「よし子」の看板を背負って。

R0012507_R.jpg
腰を入れて、まるで吹き矢のようにしゃぼん玉液を飛ばすまどたん。

R0012509_R.jpg
「ゆ〜っくり吹くんだよ」と教えると・・・ハイ、上手にできました。


遊び疲れたまどたんとボンソワール夫妻は早めに帰宅、そのあと残ったヤングチーム(そうでもない)は我が家へ流れ、暗くなるまで飲み続けました。狭くてすみませんでした。

R0012524_R.jpg
ふなこ嬢の台湾土産。なんだこれ。でも美味しかったです。

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.02.26, Tue

雪の景色・釜たまうどん

R0011657m.JPG

R0011655m.JPG

久しぶりに麺通団で釜たまうどん。雪が降る駅のホームには、「鉄」の人が。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.11.11, Sun

西荻収穫ヴギ 2

よく行くリサイクルショップで、今日も今日とて収穫あり。


↓モダン折りたたみ傘。持ち手部分が赤なのが決め手。
kasa.jpg


↓これはなんでしょう?
R0011030_mini.jpg


↓「しなの」
sinano01.jpg


↓JR東海の特急「しなの」のバッグ
R0011019_m.jpg

ポケット部分に折りたたんで収納できるけど、たたんでしまうといよいよ何だかわからない外見になる。でも、広げてバッグ状にしても、バッグというより袋だし、公園に住んでいるおじさんたちが大事なものを入れてる袋みたいだし。同行の友人Oさんや相方からは、「ダサっ!!」「なんかヤバっ!!」と大爆笑された。
さて、いつどこで使おうか。


特急しなの
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

西荻収穫ヴギ 1

よく行く古本屋で、店員さんに薦められたこの本。とっても魅力的。「市で買ったときから(私に)薦めようと思ってた」とのこと。まんまと購入。値段のわりに写真が豊富、豊富と言うより、全見開きにほぼまんべんなく写真が載っている。しかも改訂新版。昭和48年発行。ちょうど親の世代が20代だった頃の本なので、こんな本を読んでコトに及んだりしてたのかしら…と思うと感慨深い。

R0011018_m.jpg


↓目次からこれだもの。

mokuji.jpg


↓テクニックのいろいろ

mitsumeau.jpg


↓「電車」というシチュエーションでイタす場合の姿勢の例。見てるこっちが恥ずかしくなるほど雑なトリミングが哀愁を誘う。(特別に、クリックで拡大できるようにしております)

densha.jpg

↓巻末の、体位を切り替える際の様子を伝える必死の連写。なんかちょっとしたテキスタイルに見えてくるから不思議。
taii.jpg


巻末に載っていた(当時の)新刊案内にも、魅力的な本のタイトルがズラッと並んでいたので、最後に紹介したいと思います。キャプションの文章が破綻してますが、ママ掲載してますのであしからず。

「女体・日本列島」
本書は、地方別・女体の分析と体位、名所別女性と豊富なデータをもとに詳述したもの。
「場所別・性の自由」
セックスはベッドだけのものでないという副題で、あらゆる場所にふさわしい性の条件をくわしく解説。
「職業別・性の自由」
職業が、非常にSEXに対して重大な影響を与える、この現象を、それにふさわしい性の技法を詳説。
「SEX MARRIAGE」
本書は、幸福な初夜を迎える知識、新婚時代のすばらしい性生活をくわしく全巻カラーで図解
posted by ケズル子 | Comment(4) | TrackBack(0) | 国立・西荻・中央線 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。