2009.03.22, Sun

粉ミルクの男

西荻の西友に乗り付けられた黒塗りのいかつい車。もちろん窓にはスモーク。ダッシュボードには紫色の芳香剤。丸坊主でガタイの良い体に黒いダブルのスーツをまとった強面の男が、トランクに何かを必死に積み込んでいる。恐怖心より好奇心のほうが勝って思わずじっくり観察してみると、トランクいっぱいの粉ミルク。「ほほえみ」とか「ステップ」とか。ほんとにトランクにぎっしり。

……赤ちゃんパブ?


posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

はさまるもの

ひっそりと更新。

現在古本屋で働いているわけですが、古書には実にいろんなものがはさまっていて、その本が発行された当時のことや、その本を読んでいたであろう人の人生に思いをはせることもしばしば。そういう意味ではとてもロマンあふれる仕事ですね。

R0014488_R.jpg


パラパラとページをめくっていてこれを発見したときは、そりゃあもう大爆笑でした。春らしい色味、坂本龍一の眠たそうな目と奇妙なポーズ、田辺聖子の春色メイクと引き気味の顎…そして「読書は、女性を内面から美しくします。」という、厭味とも取れる名コピー。すべてにおいてすばらしい一枚。

特別に、大きなサイズの写真もアップしておきます。
ご自由にどうぞ。

seiko.jpg
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.01.10, Sat

挑戦者・松山ケンイチ

漫画の映像化がお盛んな今日この頃。なんでもかんでもドラマ化、映画化。ことドラマ化においては成功例が少ないように思えるこのジャンルにおいて、毎回ハードルの高い原作に挑戦してるのは松山ケンイチだと思う。

「セクシー・ボイス・アンド・ロボ」「デトロイト・メタル・シティ」(これは映画だけど)、で今回は「銭ゲバ」ですって!奥さん!チャレンジャーだわ。これをドラマ化できる!と踏んだ日テレもすごい。
CM見たけど、フツーに「金のためならなんでもするズラ」って言ってて、思わず噴き出してしまいました。

ジョージ秋山ファンの相方に銭ゲバのドラマ化を伝えると、苦虫を噛み潰したような顔をしていましたが、主演が松山ケンイチだと知ると「ああ、それはいいかも」と一言。ドラマなんて全然見ない相方だけど、なぜか松山ケンイチには一目置いているご様子。

ドラマ自体には期待してないし、特に見るつもりもないですが、どうなるかちょっと楽しみです。

銭ゲバ
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009.01.09, Fri

毒蝮三太夫の今日の一言

1月9日

ゲストのクマさん 「俺もお世話になったんだよ」
   まむちゃん 「何?一晩?」

大人のジョークです。

63317.gif
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.11.18, Tue

毒蝮三太夫 今日の一言

63317.gif

11月18日

まむ「お父さん、いくつ?」
親父「69」
まむ「お〜、まだまだ元気だ。あと2、3時間くらいは」
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.10.16, Thu

毒蝮三太夫の今日の一言

10月16日

おとうさん、まだ頭生え揃ってないのかい?

63317.gif
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.05.18, Sun

きらり10代!

NHKラジオ「きらり10代!」という、青春のにおいがムンムンするラジオ番組をよく聴いている、31歳女子です。なぜなら、日曜8時という、ちょうど料理をしている時間に放送されているから。そして何よりおもしろいから。

今日のFAX・メールテーマは「私がキュンとなる瞬間」。
「普段はぼーっとしてる男子が、部活になるとイキイキしてるのを見たとき」「女子の、髪をかき上げる仕草」「マジメそうな女の子が、配られたプリントを丸めて遊んでいるのを見たとき」というチェリーなものから、「彼女が『ね!手つなご!』と笑顔で言ってきたとき」という、お付き合い経験アリの生意気ちゃんまでいろいろな投稿が読まれ、自分の10代のころを思い出す。そしてさまざまな妄想を繰り広げ、おからを炒めながらニヤニヤする。

「いつも朝練をがんばってる野球部の彼。普段はフツーの男の子なのに投げる球も速くてすごくカッコイイ!キュンとしちゃいました!!」という投稿に、「夜のほうも早いかもよ〜」などと、一人下品なツッコミを入れてしまう私は、胸キュンする資格もないんだろうなと思う今日この頃。

きらり10代!
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みんマラ!

私が使っているseesaaブログのTOPページに、気になるフレーズ。

runing750_40.gif

みんなでマラソン

略して みんマラ

どうなの、コレ。私の思考回路がおかしいだけ?
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.05.12, Mon

修悦体@日暮里

R0011840_R.jpg

日暮里駅にて修悦体に再会。秀逸です。

posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.03.10, Mon

植田まさし大先生

今さらですがハマってます。どんなにがんばっても、野暮ったい感じにしかならないのが、植田先生の画風のすごいところです。

↓なんか漫研の人みたい。
masashi.jpg


植田まさし風 似顔絵ジェネレーターVer2.0


↓ちなみにこれは、某ボンソワール氏。似てる。
masashi2.jpg
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.01.31, Thu

ヒゲ

こんなんできました。似合いすぎ。そして顔丸すぎ。ちなみに手に持ってる黒い●はおにぎり。



ヒゲチェン
posted by ケズル子 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008.01.07, Mon

ジャッキーにまつわる妄想

荒んだ毎日の一服の清涼剤であるところの「デイリーポータルZ」に、こんな記事が。

ジャッキー、もし歌舞伎町で闘わば

ああ、なんかわかるなあ。ダンボールの山とか、日よけテントとか、ベタだけど妄想が膨らむもの。

ジャッキーはすごいと思う。すごいエンターテイナーだと思う。アクションから、一切のストイックさを排除した彼の映画は、いつ見ても心から笑えるもの。

ジャッキーと言えば。こないだ友だちが、知り合いのイラストレーターに描いてもらったというイラストを見せてもらったが、心底うらやましかった。むちゃくちゃかっこいいジャッキーをセンターに、『少林寺』のジェット・リーやブルース・リーなどが描かれた、オーダーメイドのイラスト…。(他にもいろんな有名俳優が描かれてたけど、忘れた)いいなー。うらやましいなー。なんていうイラストレーターさんだったっけなー。

今年はジャッキーの映画を見まくるぞ。

*追記*2008年1月8日*
そのイラストレーターさん、金子ナンペイさんでした。某「サイゾー」という、実に身近な雑誌でもご活躍されてました。どうりでなんか見たことあると思ってたんだよなあ。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.12.26, Wed

「ゴリラのピーコと風呂敷と」

疲れてます。
忙しさのピークは越えたものの、プライベートでもバタバタが続き、疲れが取れません。

そんな私を癒してくれるのが、ボンソワール氏の愛娘・まどたんの成長記録ブログと、東京ズーネットBB
「動く!動物図鑑」と銘打った動画のコーナーでは、唐草模様の風呂敷を被るゴリラのピーコ(「ピーコのファッションをチェックしてね」という、狙いすぎのキャプションが微笑ましい)、ハダカデバネズミの貴重な映像(でもブサイク!)、プールで泳ぐコビトカバ(水中でうんこ)などなど、ユルい動画が満載。

TV番組で視聴率を稼ぐネタとして、子どもと動物とラーメンはテッパンだと言われてますが、たしかに。異議なし。

【追記】
あと、コレも癒されます。特に深海魚。(昆虫とかダメな人、注意
奇想天外生物図鑑 カラパイア de ザイーガ
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.11.28, Wed

犬との暮らしに憧れる

「萌え〜」という言葉が広く使われるようになってしばらく経つけど、最近初めて、とあるCMでこの感覚を味わった。

SECOMのCM<番犬編>

ああ、犬って毎日こんな気持ちで過ごしてるんだなあ、とあたりまえのことを改めて気づかされました。萌え〜。

番犬編.jpg
posted by ケズル子 | Comment(2) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.11.16, Fri

D・M・C

デトロイト・メタル・シティが映画化される。

しかも主演が松山ケンイチ。

くだらなすぎて、えげつなすぎて、下品すぎて、馬鹿すぎておもしろいあの漫画をどう映像化するのだろう…。あの漫画から「下品」と「毒」を抜いたら相当つまらなくなると思うので、いろんな意味で心配。そして、クネクネしながらあま〜いネオアコを歌う松山ケンイチが、ちょっと楽しみ。

デトロイト・メタル・シティ
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

妖怪 百目

すごいブラシ。
ブラシの毛先にかざしたものを記憶し、そのブラシをスクリーン(?)上で動かすと、記憶された形、色、動きがそのまま再現される。
…自分で書いててわからなくなってしまったので、百聞は一見にしかず。

実世界のあらゆる物をインクにして絵が描けちゃうブラシ I/O Brush

(ひろぶろより)


子どもの瞬きする様子を記憶させてスクリーン一面に映し出す様子は、まるで妖怪百目。技術的にすごいんだろうし、不思議だなーと思うけど、百目はコワイよ。

百目を知らない大きなお友達は下のサイトを見てね!
http://event.kids.yahoo.co.jp/spring2007/movie/gegege/26.html
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.11.02, Fri

修悦体

数年前、改装工事中の新宿駅構内でよく見かけた案内表示。個性的なフォントに興味を持って近づいてみると、テープでできていてびっくりしたことを憶えている。

そんな新宿駅の案内表示が最近いろんなところで取り上げられていて、注目を集めている。その案内表示を制作したのは、工事中の構内の誘導員佐藤修悦さん。そして、その案内表示に最初にスポットを当てたのが、アートユニット(?)・トリオフォー。個性的でインパクトのあるその字体を「修悦体」と呼び、今では修悦さんを招いて文字作りを実演してもらうイベントも催されているほど。彼らと修悦体との出会いを綴った動画が、なかなかの感動巨編に仕上がっているので、あとで紹介します。

先日ふらっと立ち寄った古着屋で偶然、数年前新宿駅で見た修悦体と再会した。そこは前述のトリオフォー関連のお店のようで、修悦体グッズが売られていた。ライターを3本購入。修悦体で「現在地」と書かれている。イカす。

現在では、日暮里駅で修悦体を見ることができるそう。

genzaichi02.jpg

現在地ライター、勢いで3つ購入


tape.jpg
修悦体を作る際に用いるテープをおまけにもらった。上部に付いてるタグも修悦体で書かれたものに取り替えられてる。凝ってるなあ。

修悦体について
http://trio4.at.infoseek.co.jp/

トリオフォーと修悦体との出会い1


トリオフォーと修悦体との出会い2
posted by ケズル子 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.10.15, Mon

『インライン』の罠

今の仕事は、メールを書くことがメインだ。一日のうちほとんどがメールに費やされている気がする。デスクに座ったままの仕事が、今の体調不良を助長しているんだけど、まあ、普段から運動してないから仕方ないか。

それはいいとして。

相手からのメールを文章内に引用して、その中に自分のコメントを入れて返事をすることを、「インライン」と表現するらしい。インラインでの返信は楽なので、「インラインにて失礼いたします」や「以下、インラインにてコメントいたします」など、一言断りを入れることが常識。

ただ、急いでるときは私の高速タイピングも指がついて行かず、「インライン」が「いんらん」になることはしょっちゅう、調子がいいときは更に変換されて「淫乱」となってしまう。慌てすぎだ。

無味乾燥のおもしろくもない仕事メール内に、「淫乱」という一服の清涼剤。忙しくて殺伐としてても、「淫乱」を見るたびにニヤリとしてしまう。

ありがとう、「淫乱」――
posted by ケズル子 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.10.13, Sat

怒号とバカ女

花の金曜日。23時半。混み合う中央線車内。
酔っ払った勢いか、大声で騒ぐ若者グループに怒号が降り注いだ。

「ゴルァ!お前ら静かにせんか!騒ぐな、ボケカス!!このクソ女!!」

ブチ切れたヤクザ(おじさん)の剣幕に驚き、静まり返る車内。

「ヤクザだって黙って乗っとんじゃ、ボケ!!」(←ちょっとおもしろい)

「すみません、すみません」と謝る若者。


しばらくは大声で叫んでいたヤクザのおじさんの怒りも収まり、「オレに謝っても仕方ないだろ。みんなまわりは静かに乗っとんじゃ。気をつけろや」と一旦落ち着いたかに見えたそのとき。

私の目の前にいた女が、なんと、かかってきた電話に出やがった!!!しかもわりと大声でしゃべってやがる!!!バカ女のあまりの空気の読めなさ加減にあいた口がふさがらなかった。

ヤクザのおじさんが電車を降りるまで、生きた心地がしなかった。でも、おじさんが降りたあとも、このバカ女は延々と電話し続け、大久保から西荻窪まで喋り続けた。こうなるともう、空気が読めないどころか、単なる非常識なアホだ。

嗚呼、バカ女。こんな女は鼻と口にニラでも詰めて、島流しにしてやればいいんだ。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007.08.29, Wed

同僚のふなこ嬢が、26歳にして富士の頂を頂戴してきたそうで、その記念となるお土産をもらった。

「富士の頂き」

R0010270.JPG

袋を開けたとたん、あまりに衝撃的なビジュアルに思わずシャッターを切った。土産物屋でこれを見つけたふなこ嬢、直感的に「コレしかない!!」と思ったそう。さすが。ちなみに富士山登頂記念のこのお土産、イチゴ味の場合は「赤富士の頂き」だそうな。

ご来光の神々しい写真が見られます。うらやましい。
posted by ケズル子 | Comment(0) | TrackBack(0) | 気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。